休校影響下の学びの保障をする4つの柱プロジェクト

団体名
特定非営利活動法人はる

 

btn_01project2.gif

お知らせ
はるが提供する学習動画『YouTube学習塾はる』
btn_kotira4.gif

 

事業概要  

新型コロナウイルスの休校措置にかかる子どもたちへの支援プロジェクトとして、対面とオンラインの両面での無料学習支援と居場所支援、保護者相談、学習動画の配信を行っています。休校にかかる学習の遅れや居場所の喪失を防ぐための学習支援と居場所支援、YouTube動画に中学生の学習動画の配信、保護者の子育ての悩み相談を無料で行い、新型コロナウイルスの休校措置等にかかる居場所の喪失や学びの格差が生じないための事業を展開しています。
(交付決定額:¥526,000円)


団体概要 

  • 団体名 特定非営利活動法人はる
  • 代表者 理事長 河西良介
  • 事業担当者 河西良介 
  • 主な活動場所 札幌市中央区
  • メールアドレス kasaryo@haru-edu.jp
  • URL haru-edu.jp btn_kotira4.gif


団体の設立目的 
この法人は、年齢や学力、家庭環境や社会的環境に左右されることなく、すべての子どもたちがその能力に応じて学ぶ機会を得るために、学習支援や実践的なキャリア教育・体験学習など青少年の教育や福祉を充実させるための事業や、子育て世代への支援事業を行い、より多様な教育の選択肢と意欲的に学べる環境の提供と、子どもたちの学力の向上と健全な心の成長を支援し、教育機会の均等化、そして子育てのしやすい社会の実現に資することを目的とする。


主な活動内容

当法人は、学習につまずきのある子どもたちや発達障害、不登校等のこどもたちも含めたインクルーシブ教育を理念とする学習塾と障害児通所支援事業(放課後等デイサービス)を事業の中核とし、そこから地域の子どもたちに食事とイベントを提供する子ども食堂「コミュニティカフェ」、ギフテッドチルドレンを支援する「ぎふてっど寺子屋」、不登校児童を支援する「フリースクールふろむ」など子どもたちが社会の中で排除されること無く、自分らしく人とともに育っていく環境を整えるためのさまざまな事業を行っている。現在、法人全体で160名程度の生徒が通っている。

 



実施プロジェクト

寄付で応援

助成を受けたい

協議会について

お役立ち情報

お問い合わせ